ファスティングマイスター・エキスパート

西澤あづさ

4年制大学卒業後、日系大手証券会社に入社。
約8年の勤務の間、プライベートバンカーとして富裕層顧客向け証券ビジネスに携わる。その後、外資系金融機関の投資銀行部門に所属し、不規則な生活と過酷な労働・ストレスのなか約6年勤務。

金融危機で会社の事業悪化とともに退職し一年半の無職を経験。自由な無職の期間、今一度自らの人生や生活を振り返り、立て直すきっかけとなる。金融機関勤務の間、 放っておいた婦人科系疾患を治療するために病院に通い化学療法で治療。安易な選択で「ピルやホルモン治療」を行うが、酷い副作用で断念。

母の「病気は日々のライフスタイルと食生活から」という言葉で、今までの生活自体を根本的に見直すことに。今までため込んだ毒素を排出するためにあらゆるデトックスに挑戦!

そして、マクロビオテック・薬膳料理・精進料理・雑穀・ローフードなど 基礎から勉強しながら実践。「デトックスと食事法」で、体質改善に成功し、20代から患っていた婦人科系疾患も見事克服!一年間で10キロ増えた体重はマイナス8キロまで減量。リバウンド知らずの体質に。

現在は、究極のデトックスメソッド、「ファスティング」の総合的な知識・技能を習得し、「ファスティングと食」の観点から健康・美のサポートを行っている。数多くの食事法、デトックス法が存在する中、各人にあったスタイルでの体質改善・体調管理のアドバイス、丁寧なカウンセリングのもと、「正しい知識と正しいデトックスメソッド」で多数の「西澤流ファスティングファン」を持つ。

西澤あづさ

取得資格
(社)分子整合医学美容食育協会会員
ファスティングマイスター エキスパート
精進料理教室 赤坂寺庵 四季の料理課程 修了
雑穀料理 エキスパート
飾り巻き寿司技能 一級

このページのトップへ

セルフファスティングの危険性

ファスティングを成功させ効果を得るために、様々な好転反応に対する適切な対応や正しい知識が必要です。間違った知識でファスティングを行えば(水だけファスティング、野菜ジュースだけファスティングなど、)危険な体験をしてしまう可能性もあります。専門知識を持たない人が一人でファスティングを行うのは非常に危険です。

ファスティング中も重要ですが、それ以降の復食期間がさらに重要です。
正しい知識(油、ショートニング、トランス脂肪酸、食事法、砂糖のこと、脱灰の話)を持たずして、一定期間休めた消化器官に急に通常の食事をすると、負担が大きくかかり健康障害やリバウンドの危険性があります。

安全に、挫折せず、継続して行うために、ファスティングマイスターのサポートが必ず必要となります。

水だけのファスティングの危険性

水を飲むだけの断食で消化機能を休止すると、急激に有害物質が血液に放出されて、解毒・排泄器官は悲鳴をあげてしまいます。解毒、排泄が間に合わなければ、有害物質は再び血流にのって全身を駆け巡ることになり大変危険です。

日常生活を送りながらファスティングをより安全に行うためには最低限のカロリーが必要なのです。

通常の野菜・果物ジュースを用いるのでは不十分

一般的な野菜・果物には農薬や化学肥料が含まれているため、デトックスに用いることは矛盾しています。また、土壌そのもののミネラルが枯渇しているために必要な栄養も十分に摂れません。

酵素でなければ安全かつ効率的にファスティングを行うことはできないのです。

このページのトップへ